死への心理プロセスを理解する

ターミナル期のケアにおいて、家族にできる緩和ケアはたくさんあります。
むしろ、家族にしかできないことの方が多いと言っても良いでしょう。

まず一番最初にできることは、ターミナル期にある個人になったつもりで、その気持ちを理解してあげることです。
相手の気持ちがわからなければ、効果的なサポートなどすることはできません。

精神科医のエリザベス・キューブラー・ロス氏は、死にゆく患者の心理を研究した本「死ぬ瞬間」を出版したことで有名です。

200名を越える末期患者にインタビューを行い、死に行く過程を「否認」「怒り」「取引」「抑うつ」「受容」の5段階に分類したこの研究成果は、現在ターミナルケアを考える上で最も大切な文献の一つとなっています。

このキューブラー・ロス氏の「死にゆく過程の5段階」を元に、現在ターミナル期を迎えた個人の心理状態がどこにあるのか、どんな気持ちでいるのか?ということをまず理解してみましょう。

◆第1段階「否認」
末期がんであることを告知されたり、残り少ない命であると医師から告げられたときに、まず現れるのがこの「否認」です。
「これは何かの間違いに違いない」
「自分に限ってそんなことは起こりえない」
という具合に、否認をすることで自分を防衛しようとします。

◆第2段階「怒り」
「否認」が維持できなくなると、次第に自分の命が短いことを認めざるを得なくなります。
すると、「怒り」が現れます。
「なぜ自分がこんな目にあうんだ!」
「一体私が何をしたというのか!」
というように、あらゆることに対して「怒り」が向けられます。

◆第3段階「取引」
十分な「怒り」を体験した後は、もはや避けられない今の現実を少しでも先延ばしにできないものかと、交渉する段階に入っていきます。これが「取引」です。
「何か人々の役に立つようなことをするから、死を避けたい」
「もう2度と悪い行いはしないから、命だけは助けて欲しい」
このような「取引」は、主に個人が信じる「神」と行われます。

◆第4段階「抑うつ」
神との「取引」が成立しない、自分はもう死ぬしかないのだ、という心理状態にたどり着くと、「抑うつ」という段階に移行します。
「愛する人々と別れなければいけないのか・・・」という死への”準備的な抑うつ”と、病気に関する”反応的な抑うつ”があります。

◆第5段階「受容」
この段階まで来ると、自分の死を「受容」できるようになってきます。ゆったりとした平安な気持ちになり、死に向けて気持ちが整ったような状態になります。

以上、簡単に紹介してきましたが、この心理プロセスを参考にすれば、「今この人はこういう気持ちでいるんだろうな」という状態が把握することができます。
その上で、適切なアプローチでケアを行うようにしましょう。


【sponsoredlink】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>